どうせ眠れない。~落ち目のアフィカス野郎~

アフィカス「妖精おじさん」のブログ。睡眠障害持ち。嘘は書かない。クソ記事で溢れるインターネッツ界に蜘蛛の糸を垂らしたいw

なぜ若者は将来設計せずに今を生きようとするのか?そら年金ゴールポスト動かすもんw。計画立てられるヤツいるのw?つうか上から目線ライターがウザいw

スポンサードリンク


f:id:fairy-ossan:20180130115352j:plain

 

はい、妖精です。

 

いやぁ~、雑記が書けるブログって素敵だと思う。こういう普段から思ってる事を書けるのは良い事だと思うw。自分の考えを整理できるのも大きいし、テーマが決まってるサイトやブログのネタ切れストレスも吸収してくれるしw。

 

にしても凄まじい雪と寒波でしたね…。ああ、この記事を書いているのは2018/01/26です。先日、東京で雪が積もり最低気温が-5℃ってのが2日連続って50年以上ぶりだそうでw。

 

案の定、我が家の湯沸かし器も、実家の湯沸かし器も、そしてご近所さんの湯沸かし器も凍結により使えなかったり故障しましたw。もちろん俺さんは雪国の人間なので対処はバッチリですw。防寒養生されてない「給水栓」が凍るのでそこにお湯を掛けて回復させますw。久しぶりに回すとサビが出るので、水道口やシャワーヘッドを取り外して茶色の水を吐き出させながら、ええ、暖かいお湯が復活でございます。

 

ググると対処方法が書かれてあるサイトがあるけど、まぁ、変なのが多いねw。法人(湯沸かし器メーカー)のがシンプルで良かったけど、まぁ、同時に分かりにくい場合もあったw。なぜ給水栓だけお湯を掛けるのか?が書いてないんだよねw。そら凍結しない地域の人たちには理解不能なコンテンツになってしまいますw。難しい話ですw

 

さて、今回は刹那的な記事ですw。もうね、子供2人できたら将来の不安だなんて感じてる暇はないですよw。バチャバチャな日々ですからw

 

年金は絶対に破綻しない。なぜなら「1円」でも払えば破綻にならないからw

f:id:fairy-ossan:20180130115653j:plain

 

さて、年金。世の中には様々ございますね。メジャーなのは国民年金、厚生年金、企業年金、あと共済年金って公務員の方々のがあったと記憶しております。一般常識らしいんだけど、そうなのかなw?社会人になったら、まぁ、給料明細で引かれてるのに気付くところから、徐々に学ぶ程度だよね。

 

異様に詳しいヤツは、大概、引退間近の世代。そら貰えるってタイミングが近付いてますから、そろそろググるなり資料を集めるなりして詳しくなって、んでもって若い世代にドヤ顔で説明してくるってパターンでしょうかw。俺さんも若い頃、喫煙所で50歳過ぎの総務部長に教えてもらいましたw

 

で、です。

 

これらの年金ですが、まぁ、破綻という言葉はありませんw。タイトルの通りです。強制的に徴収する年金もありますが、支払い額は一定じゃなかったり、保障がなかったりしますw。「実質的に破綻」なら、まぁ、該当する年金は多いですねw。受給する側としたら「生活できない金を支給される」=「破綻」と感じますから。

 

ってことで、実質的に破綻なら、どの年金も怪しい訳でして、1円でも支払えば破綻とは言わないw。こういう仕組みですw。20年くらい前までは余裕で生活できる支払いだったんですが、今じゃダメですね。人口から支払い額を算出できるんですが、ええ、かれこれ10年ほど前から「年金がアレだ!」と騒がれるようになりましたw。もう遅いんですがねw

 

 

まず終身雇用が無くなった時点から将来設計は難しくなりましたw

f:id:fairy-ossan:20180130115913j:plain

 

終身雇用はITバブル絶頂期くらいに無くなりました。言われなくなりましたw。俺さんが社会に出るくらいの頃です。いわゆる就職氷河期と言われる2018年現在、40代の方々で、NHKのAIから叱られてる世代ですw。結婚しない、正社員じゃない、子供いない、新築建てない、車を買わないってw

 

ウルサイ!の一言でございますが、当時は国が何を思ったか公務員の応募まで減らしましたよねw。新社会人になろうとしている連中に仕事がないのに、今更、なぜ叩くのか理解できませんw。起業するノウハウもマトモに教えてくれないし、国も企業も成熟してますから、1人が技術力で飯を簡単に
食えないですよw。国も企業も、人を雇う責任ってのがありますよねw。それにベンチャー企業が今からコカコーラに勝てる方法を教えてクレメンスw

 

まぁ、ただ当時は終身雇用の崩壊と同時に「転職=キズもの」みたいな風潮が壊れた時代でもありました。年収アップに転職が最も適してると煽られてましたw

 

同時に多種多様な雇用・給与体系なんかも登場してきましたね、年俸制とか派遣とか。いずれも経営者としては人件費削減のネタに使いましたけどねw

 

んで、当然ながら終身雇用が消えていくと同時に、若い方々は将来設計が難しくなりました。いや、正確に言うと若い世代としては、若者らしいハングリー精神を剥き出しにして頑張るような感覚にはなれた。将来を見なくて済んだって表現が適切かもね。でも…。実は会社は変わってませんでしたねw。これが非常に罪な話だと思う。終身雇用が無くなったのに、やる気があって最新技術で前線で稼ぐ若者に、稼いだだけの給料を会社は支払わなかった。なのに終身雇用じゃないw。若者だけ損してましたw。

 

これが社畜の始まりだとも言えますw

 

 

終身雇用が無くなり、もらえる年金も下がり続ける一方w

f:id:fairy-ossan:20180130120137j:plain

 

確か…。少子化に伴い、どの年金も支給額を下げ始めたと記憶しております。いわゆる痛み分けってヤツですね。支払う世代は負担増、貰える世代は支給減ってのが、2000年頃から言われるようになりました。

 

単純な話です。政府公認の「ネズミ講」システムなのが年金です。ガメられる人間が減ってしまえば、パクる人間の貰いが減るってヤツですw。

 

年金は、人口も経済も「末広がり」である事が前提なんですよね。会社の会計もそうだと聞いてます。上げるのは簡単だけど下げるのは難しいと会社経営されている方のブログに書かれてありました。仕組みと根回しの両方かしらね?経営者側としても終身雇用がなくなった時点で、ええ、社員を使い捨てる訳にもいかず、適正な能力評価とか色々とアレコレ騒いで対応、一応はしてますw。ま、社長クラスだと「もっと下げて」で終わっちゃうと思いますがw

 

という訳で、2000年くらいから、終身雇用がなくなり、徐々に年金が~年金が~と煽るようになってきましたw。当時の新聞、WEBライターさんの年齢層でも、色々と感じる事があったと思うので、情報量に不足は感じませんでしたけどね。

 

 

結婚しない、子供を作らない、家、車…「若者の○○離れ」には理由があるに決まってますw

f:id:fairy-ossan:20180130120332j:plain

 

えーっと、NHKのAIに叱られる1970年代生まれの2018年で40代、それに追加して、現在の若者、10代~30代くらいなんですが、マスコミが「若者の○○離れ」というテーマで、炎上狙いなのか社説なのか、よく分からない記事がたまーにニュースサイトで見受けられますね。

 

簡単な話です。金と時間(手間)がないから「若者の○○離れ」が起きてる訳です。

 

まずは、マトモな賃金を渡してない正社員に、非正規雇用を唸るほど増やしておいて、消費しろってのはないですよねw。俺さんだって金があれば家も車も欲しいですよw。結婚したのは出来ちゃった婚なだけで、もし、妊娠してなかったら、おそらく結婚してなかったと思う。金がないのに無理やり結婚、所帯を構えて出産して子供を受け入れてますから。

 

結婚しない、子供を作らないっていうのを指摘されてディスられるのも、若者からしたら理解不能ですよね。

 

結婚するメリットが、法律的にも薄くなってきてるし、文化的にも意味がなくなってきてる。養う責任とかが消えたり、夫婦の財産の在り方みたいなのが緩くなくなりました。子供を作らないって、欲しい人は産んでますw。問題なのは、作っても育てる金と時間、それに子育てっていうのは、大統領や大企業の社長とはいえ、手間が平等に掛かるんですよ。社長が時給30万円の仕事をしたところで、オムツを変えるのは、時給700円のアルバイトパパと同じ手間暇がかかる訳です。

 

それにPTAや、塾、スポ小や部活動といった活動にも親が必要です。昔より遥かに活発です。親が子供に関わる事を増やしてるんですよね。それでいて会社に出れば忙しい。凄く忙しいw。子供を作らない!とディスるんじゃなくて、作れない理由を潰すための記事、それに対策してもらいたいもんです。

 

それに子供手当、有難いけど圧倒的に足りませんよ、子供を増やすための金としてはw。さっさと引退世代で10億円以上の資産があるヤツから金を子供に回す仕組みを作れw。80歳のジジババが詐欺に遭って1億ガメられたとか、ぶっちゃけ誰も同情しないw

 

もはや政府にやる気がないのかもしれませんね。今更、少子化対策したところで、本格的に働いて世間の「金」を回すようになるには20年以上、必要になります。連中が20年後に死んでるだろうから、自分の子供、孫に資産を継承させる以外に、きっとやる気がないんだろw

 

 

日本に見切りを付けた若者が海外へ。少子化対策がダメな国は栄える訳がない。全ての女性が「3人以上は産みたい!」って思わせる政策だなんて期待できねぇよw

f:id:fairy-ossan:20180130120734j:plain

 

政府がやってる目先の少子化対策で、子供が増える、そしたら需要が増える、この国の将来は安泰だっ!と勘違いしないようにしましょう。

 

日本で生活するなら「今を楽しむ」のがベストかと思います。

 

昨今、そういう事に気付いた眼光が鋭い若者は、どうやら海外へ移住しているらしい。見切ってる訳ですよね。少子化対策を今更やってる国って事で、これから20年は「日本は衰退する」のが確定していますから。25歳だと45歳まで、人口は減る一方で年寄りだらけ、内需は細る一方で、年金の支払いを含め、社会福祉費用は膨大になりますから。

 

んでもって、最根底に「選挙システムに数の暴力がある。つまりバグが直らない」とまで分かっている訳です。

 

自分たち「若者」10人が、将来のために選挙に投票する。でも、その選挙には「老後のために」という思惑で投票する老人共が100人も居るんですよw。この時点で、若者が「今」も「将来」も、どうこうできないのが日本です。

 

なので…。思い切って海外、特に人口推移は分かりやすいですから、そういうところを調べて移住するのは大正解だと思う。俺も出来るならやってみたいw。子供と嫁が大反対するので諦めてますけどねw。

 

ってことで以上、雑記でございましたっ!

少子化論―なぜまだ結婚、出産しやすい国にならないのか

少子化論―なぜまだ結婚、出産しやすい国にならないのか




Amazonで確認
絶滅危惧種「日本人」―少子化・老齢化などによる国力低下をどう回復させるか

絶滅危惧種「日本人」―少子化・老齢化などによる国力低下をどう回復させるか




Amazonで確認
(クラブティー) ClubT 若者の肉離れ Tシャツ(ホワイト) M ホワイト

(クラブティー) ClubT 若者の肉離れ Tシャツ(ホワイト) M ホワイト




Amazonで確認

スポンサードリンク