妖精オッサン~落ち目のアフィカス野郎~

実施中のアフィリエイトを中心に、ダイエット、禁煙、教育の体験記をネタっぽくブログにしてます。

アフィリエイトの広告の貼る位置をストイックに説明してみた

スポンサードリンク


f:id:fairy-ossan:20160912142315j:plain

さて、皆さん、アフィカスをやるんなら広告を貼る訳なんだが、広告の貼る位置は最適化されて統計が取られてます!とかカッコイイ事を世の中に広めちゃうから、どこもかしこも似たようなサイトになって面白くなくなるのにw。

はっきり言っちゃえば、今のアフィカスサイトっていうのは、広告を貼る位置もトレンディーに変える必要がありますよw。

 

常に自分で貼ってはインプレッション数、クリック数、CV数を収集しないとw。自分で最適化するのとしないのでは、ぶっちゃけ収益は5倍は違ってくると言ってもいい。それくらい大事な所だと心得てアフィカスやりましょう!

 

 

アナタのサイト、どんなヤツが運営しているように感じる?

f:id:fairy-ossan:20160912142602j:plain

今のWEBサイトなんですが、もう中身は用意されていて当たり前の時代になってきておりますねw。クソサイトはバンバンとブロックされますし検索エンジンの淘汰も激しい。

そんなアフィカスが難しい時代となりましたが、そんな中、皆さんのWEBに求めるモノっていうのが、ちょっとずつ変化してきている訳です。

 

最近は何となく「運営者の性格が見えるサイト」っていうのが重要視されている気がします。

冒頭でも書いたんだけれども、広告が最適化されちゃうと似たようなサイトばっかりになる訳です。つか広告が貼ってあるのが当たり前になるので、ますます「運営者の性格が見える」サイトが重要視されます。

つうか運営者の人格をイメージしてもらえないと覚えてもらえないってのもあるけどねw。

  • 著作権を無視していると思われるサイト → 運営者は儲けるために犯罪を犯すのもOKな悪いヤツ、でもちょっと愛嬌もあるw
  • 真面目なテーマなのに騙しリンクがあるサイト → 運営者は本気で悪いヤツw。スーツ着てお年寄りを真顔で騙せるタイプ汗
  • 冗談が分かっているサイトで広告が寂しい → 儲けが後回しで、フザけてるけど根は真面目なタイプ

 

などなどですw。難しいでしょw?ココをコントロールしながらサイトを構築できるヤツは大したもんだと思うよ?普通はサイト作ると、その運営者の性格ってのは自然と染み出てきますからね。

 

ってことで、まず広告の種類

f:id:fairy-ossan:20160912143016j:plain

掲載期間保証型

個別契約なヤツです。真面目にサイト運営してると、まず間違いなく営業を受ける。美味しいのもあるけど運営サイト側の発言権が高くなければ(要するに有名じゃなければ)、二束三文の可能性も。今のところ俺は全て断ってるw。

主な業者さんってのはなくて様々ございます。

 

インプレッション保証型

表示したら貰えるやつね。広告主の予算でも大きく変動する。比較的、新しい広告ですね。アフィカス野郎がモノや情報を売るために貼りません。著作権を守るアダルトサイトの、巨大なPVで稼げるやつねw。
主な業者さんは、グーグル、忍者、i-mobileです。


クリック保証型

読んで字の通り、クリックしたら幾らか運営者に入ります。インプレッション保証型と合成されてる広告が多いですね。ブログやアダルトサイトの主な収入源です。
主な業者さんは、インプレッション保証型と同じくグーグル、忍者、i-mobileです。

 

成果報酬型

アフィカスと言えばコレですね、大昔からありますw。クリックした先のサイトでお買い物があれば報酬を得る事ができるタイプ。最も稼げる可能性があるんだけど捉えるのは難しいw。

主な業者さんは、アマゾン、楽天、細かいショップを取りまとめてるA8さんも有名です。

 

 

とりあえず広告を貼るんじゃねぇよw。最低限、検索ユーザーを想定しろ!

f:id:fairy-ossan:20160912143419j:plain

検索ユーザーの「どんなキーワード」でヒットするサイトになるのか、やぱ想定しないとね?

 

例えば趣味の山登りブログを書いたとします。


「○○○山 コンディション」の検索流入が多かったとします。


では、流入してくるユーザーはどんな人でしょうか?ブログを訪問してどんなお金を落してくれるでしょうか?

山のコンディションを調べに訪問している訳ですから、購買意欲がある訳じゃない。なのでインプレッション保証がメインになるかと思います。

 

ただ、それじゃあアフィカス野郎は儲からない!ってことで、「○○○山 コンディション」で必要だったモノのアフィリンクも貼っておくべきですよね。


想像以上に寒かった!でも荷物も増やしにくい!んで好きなブランドから、今の装備のコレより強烈に軽くて温めてくれる装備がありました!

とかねw。必ず流入してくるユーザーの想定を超えた部分を補う商品を並べてください。



他にもあるよ?

例えば「○○○ラケット 使い方」というバトミントンのラケットの商品名+使い方で検索流入が来るやつ。

この場合は、まー、インプレッション保証は保険的に入れていて構わないと思う。クリック保証は微妙ですねw、広告主が面白いモノを流してくれると助けるけど。

 

で、大事なの点は「使い方」を聞いてるので、流入ユーザーはラケットを持ってる場合も多いw。つまり、○○○ラケットのレビュー型な記事を書いても、成果報酬型で○○○ラケットは買ってくれない訳だ。

 

なので、必ず○○○ラケットを踏襲する商品を紹介しておくこと。上記の山登りと一緒で、検索流入ユーザーの想定を超えたモノじゃないとコンバージョンは上がらない。



なので「○○○ラケット 使い方」の検索流入では

  • ○○○ラケットを持ってるヤツ:○○○ラケットのレビュー記事にインプレッション保証広告を貼る
  • ○○○ラケットを持ってないヤツ:○○○ラケットのレビュー記事に、○○○ラケット以上の商品の成果報酬型の広告を貼る

 

が最適化されてると言えます。


まー、世の中、不景気ですから、どんな想定をしても金がないヤツが多いので、邪魔にならないところにインプレッション保証広告は保険で貼っておくべきかなw。

 

 

で、どこに貼るの?否、そこは個性を出して欲しいので鉄則だけ…w。

f:id:fairy-ossan:20160912143917j:plain

統計が取られた広告表示の位置とかは「アフィリエイト 広告 貼り方」とかでググって出てくるのを参考にしていいよw、でもそれじゃぁ面白くないなぁ~、と感じるなら、以下の鉄則(流れ順)だけ守れよw。

 

1.最も稼ぐ広告は記事の真下

文章の終わりに、検索流入ユーザーを満たす広告があるんだから最も稼いで当然です。



2.記事の真下のクリック率、コンバージョンが悪いなら画面サイドに別ジャンルの広告を貼る

ココ大事。上記1が達成されてない。

原因は…。日本語が変だったり、下らない記事だったり、飽きられてたり…。脳ミソの中に「No!」が浮かんでる状態w。

なので全く別の刺激があると効果的ですw。真下がダメなら、文中のサイドに別ジャンル広告を貼りましょうw。これで収入的には救われるけど、そのサイトは記事を増やさないとPVが維持できないと思う。

俺もこんな状態のサイトを2個も3個も持ってるw。文章能力や、サイトの見やすさ、アフィカス野郎としては「失敗している」と認識して、改善に努めろ!

 

3.それでもダメならアフィの本を一から読んだ方がいい

アフィに向いてないっていう状態だと思うw。諦メロン!と言いたいところだが、稼ぎたい、少しはお小遣いがないと困る!と思うなら、どんなアフィ本でもいいから、一冊、集中して読むこと。慌てず落ち着けw。

以上です!

スポンサードリンク